MARKETING / REPUTATION MANEGEMENT Bright Way

0120-028-415

アンケート調査

2017年9月〜2017年12月  「育児情報誌【miku】」アンケート結果


◆◇◆ 消費税の使い道と保育園・幼児教育 ◆◇◆

やはり教育費の負担軽減を求める割合は多いですね。

● 現在、商品やサービスの価格は、内税表示と外税表示が混在しています。どのように思いますか?
1位
2位
3位

内税表示に統一して欲しい(税額表示も行う)
外税表示に統一して欲しい
内税表示と外税表示が混在でもかまわない
その他
70.2
21.8
7.1
0.9
 
●消費税は、「年金、医療及び介護の社会保障給付並びに少子化」のために使われることを知っていますか?
1位
2位

知っている
知らなかった
58.8
41.2
 
● 安倍首相は増税分を子育て支援策に当てるとの意向です。どのようなことに使って欲しいですか?
1位
2位
3位
4位
5位
大学までの教育費負担低減
幼児教育の無料化(義務教育化)
認可保育園の増設、定員増
保育士の待遇改善
保育施設・預け先の多様化
その他
39.6
21.7
14.8
13.8
7.4
2.5
 
● フランスでは子どもが産まれるときに父親にも3日間の出産休暇が与えられます。更に11日間の父親休暇と合わせて2週間の休暇があります。出産に際しての父親の休暇についてどう思いますか?
1位
2位
3位
4位
5位
出産休暇も父親休暇も取り入れて欲しい
出産休暇は是非実施して欲しい
休暇よりも定時に帰られるように働き方改革を進めて欲しい
休んでも何の手伝いもしてくれないので必要ない
希望するときに育休が取れるので新たに必要は無い
その他
44.1
25.6
20.3
3.6
2.7
3.6
 
● 認可保育園に入れなかったらどうしますか?
1位
2位
3位
4位
5位
6位

認可保育園の空きが出るまで、仕事復帰を先延ばしする
認可外やベビーシッターでも料金が高くて良いので預け先を探す
子育てしながらできる仕事を探す
幼稚園の延長保育などを利用する
仕事復帰を諦める
祖父母に預かってもらう
その他
34.1
19.6
14.3
11.8
11.3
7.3
1.6
● 保育園や託児先を選ぶ際に、最も重視するのはどれですか?
1位
2位
3位
4位
5位
家・職場からの距離・立地
保育の質・サービス・安心感
保育料
園の保育方針
評判
その他
44.7
41.3
6.4
5.3
1.4
0.8
 
● 安倍首相は増税分で幼児教育の義務教育(無償)化を検討しています。以下のどれが良いですか?
1位
2位
3位
4位
3歳からの幼児教育を兼ねた義務化は良いと思う
幼児教育の義務化よりも1歳で100%預け先確保・職場復帰
就学前教育の1年間の義務教育はいいと思う
乳幼児期はできるだけ家で育てるべきで義務化に反対
その他
42.9
27.8
20.6
5.1
3.5
 
● 保育園の保育料金の決め方は、いずれが良いですか?
1位
2位
3位
4位
5位

世帯所得に応じた累進制
認可・無認可にかかわらず同一基本料金
子どもの数に応じた逆累進制
年齢が上がると安くなる(例 0歳8万円→1歳6万円→2歳4万円…)
自由競争で品質に応じた保育料が良い(ホテルなどのように)
その他
48.5
16.7
13.3
12.1
8.5
1.0
集計期間
2017年9月25日〜2017年12月28日
回答者プロフィール
集計総数 1652人 男女比 6:94  中心年齢30代前半
  リリースはこちら

▲ アンケート調査 INDEX ▲

▲ページトップへ